シアリスのジェネリックであるメガリスは先発薬に比べて値段も安く、また安すぎないので安心感があります。もちろんメガリスの成分自体はシアリスと同じなので得られる効果も同じです。

メガリス画像

メガリス血管の拡張作用と再治療

EDで悩んでいるという場合、メガリスなどのED治療薬を服用してみると良いでしょう。
メガリスなどのED治療薬には血管の拡張作用があり、この作用が勃起をサポートしてくれます。
しかし、副作用として顔の火照りや頭痛、目の充血などが出ることもあるので注意しましょう。
メガリスも人によってはそのような副作用が出てしまうことがあるのですが、他のED治療薬に比べて症状の出方は穏やかですし、出た場合でも薬の効力が切れると治まります。
ちなみに、血管の拡張作用は血圧を下げる働きもあるため、ニトログリセリン系の心臓薬を服用している人は絶対にED治療薬と併用してはいけません。
また、高血圧症で血圧降下剤を飲んでいるという場合、その薬を飲んだ後24時間はED治療薬を服用しない方が良く、血圧が下がりすぎてしまうことがあるので注意しましょう。
また、慢性の炎症性疾患や狭心症、不整脈、高血圧症、低血圧症、重い肝臓障害、網膜色素変性症、脳梗塞などの持病があるという場合も服用を避けるか、服用前に医師に相談する必要があります。
糖尿病の持病がある人がED治療薬を飲むのは問題ないということです。
糖尿病の患者は勃起障害を起こしやすいとされており、ED治療薬はそのような人のために作られた薬であるとも言われています。
しかし、重い糖尿病の場合は服用前に医師に相談する必要がありますし、服用しても効果が出ない場合もあります。
また、メガリスの効き目が持続している間は、過度の飲酒は避けた方が安全です。
メガリスを服用してもなかなか効果が出ないという場合、医師に相談して再治療を受けると良いでしょう。
医師に相談することで最適な治療方法を提案してもらうことができます。